フローリングの種類によって可否があります

単層フローリングと複合フローリング

スチームクリーナーはフローリングにダメージを与えるのでしょうか?結論から申し上げますと、スチームクリーナーによってダメージが与えられてしまう可能性が強いフローリングと問題ないフローリングの2種類に別れます。

小ぶりな部屋

スチームクリーナーでのお手入れが不向きだととされているのが、無垢や白木など1枚の板が基材となる単層フローリングです。特に表面の毛羽立ち、反り、収縮割れを起こしてしまう恐れがある柔らかい材質の針葉樹系の無垢フローリングであれば、手間暇が非常にかかりますが地道に乾いた雑巾でコツコツ磨くのが一番です。ただ、ワタシの姉の家のフローリングは無垢材を使用していますが問題なく掃除できています。同じ無垢でも種類によります。

一方で我が家のような単層フローリングは、どの家庭でも見掛けるごく普通のフローリングです。合板などの基板の上に厚みのない化粧板が接着されているタイプで、とにかく摩耗が激しく細かい傷がつきやすいのが難点です。

雑巾は予想以上に不衛生で水気が多い

いずれにしても木材は過剰な水分を嫌う性質を持っています。高圧洗浄機でのお掃除はもっての他ですが、複合フローリングはスチームクリーナーで本当にピカピカになります。目に見えないカビや菌にも対応できますから、うちのように子供やペットがいる家庭にはぴったりです。

私もスチームクリーナーを購入した時はフローリングへのダメージが心配でしたが、実際にフローリングを掃除してみて雑巾掛けの方がダメージを与えると事実を認識しました。

雑巾は予想以上に不衛生ですし、もう若くないワタシみたいな主婦には腰へのダメージもあります。それに手で雑巾の水気をきちっと絞るのは相当力を込めなくてはなりません。

掃除後の雑巾の手洗い、漂白作業にもうんざりしているなら、スチームクリーナーの購入を検討しましょう!。床も雑菌だらけのびしょびしょの雑巾で拭かれるより、瞬間的に除菌できるスチームクリーナーの方がよほどダメージを与えないと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ