スチームクリーナーを比較するポイント

一般的な家庭での使用で絶対後悔しないスチームクリーナーを機能性、価格、使い勝手、ランニングコストで比較検討すると、スチームファーストという結論に行きつきました!さっそく購入しましたが、期待通りの大満足の商品でした。

スチームファースト本体

スチームクリーナーを選ぶポイント

さっと取り出して数分だけの使用で構わないなら、ハンディタイプのスチームクリーナーにメリットがあります。ただし、軽くて扱いやすいと思われがちなハンディタイプですが、本体の重さに水の重さが加わったものを持ってスチームをかけることになるため、結構重たくなります。本格的な汚れ落としを行なうには連続使用時間も10分程度ですからあまり向いていません。また、肝心の蒸気の温度も低いものが多いという特徴があります。

よくメディアでも目にするモップタイプのスチームクリーナーも、ハンディタイプと同じく水の重さが加わった本体を動かすことになります。私自身の経験から言いますと、かなり動かし辛いという印象でした。また、ワタシが試したモップタイプのスチームクリーナーは、床が濡れた状態のままで十分には乾きませんでした。

以上のデメリットをカバーできるのが、キャニスタータイプのスチームクリーナーです。キャニスタータイプは、一般的な掃除機と同じ形をしていますから、手に持つのは蒸気が出る部分とホースだけです。全く重さを感じずに掃除することができます。

また、キャニスタータイプは水の容量が大きく長時間の掃除が可能です。ワタシが使っているスチームファーストは、連続で45分間の掃除ができます。その長い連続使用時間の間スチームのスイッチを押し続ける必要がないようにロックボタンが付いています。ロックボタンが付いているスチームクリーナーは少ないので、選ぶ時には比較するべき意外なポイントになります。

キャニスタータイプのスチームクリーナーの唯一のデメリットとしては、収納場所がほかのタイプに比べて場所を取ることです。ですが、普通の掃除機をしまえる収納場所があれば、問題がありません。

スチームクリーナーはどんな掃除機

スチームクリーナーと最初に比較するのは、やっぱりどこの家庭にもある掃除機です。ただ、スチームクリーナーと一般的な掃除機は仕組みも違えば、使用する用途も異なります。

それぞれの仕組みは、掃除機は汚れを吸い取るのに対して、スチームクリーナーは、高温の蒸気を使用して汚れを落とす掃除機です。また、最近のコマーシャルでよく観る高圧洗浄機ともちがいます。

高圧洗浄機とスチームクリーナーを同じようなものとして考えていらっしゃる方が多いようですが、高圧洗浄機はスチームを使うのではなくて高圧の水を噴射して汚れを落とす仕組みです。

一般の掃除機はどんな使い方をするのかは、もちろん誰でも理解されていると思います。スチームクリーナーの使用目的として一番メリットがあるのは、頑固な油汚れが落とせるということでしょう。

一般家庭にも段々と普及してきたスチームクリーナーですが、まだまだ一般的とはいえません。実際に使ってみると、家庭内の色んな場所がキレイになりスッキリします。一度使ってみたいという方はレンタルという方法もありますが、思ったよりレンタル料金はかかります。だったら最初からある程度のものを購入した方がよいと思います。

スチームクリーナーにも種類がある

スチームクリーナーにも種類がありますから、スチームクリーナーを選ぶ時に一番迷われるのは、我が家にはどの種類が適切なのかという部分になると思います。

一番安価な物が多いハンディタイプ、よくテレビ通販で目にするモップタイプ、ハンディタイプ、それからワタシが使用している一般的な掃除機と同じ形をしたキャニスタータイプがあります。

もちろん、それぞれの用途によって種類や機種を選ぶべきですが、よほど特殊な用途に限って使用するのでなければ、掃除できる場所が多く、取り回しも楽なキャニスタータイプを選ぶ方が良いと思います。

ワタシ自身は偶然にもママ友が色んな種類のスチームクリーナーを使っていたため、レンタルで試したりせずに実際に使わせていただいて我が家にベストなスチームクリーナーを選ぶことができました。購入したのはスチームファーストというスチームクリーナーです。

サブコンテンツ

ページ先頭へ