フローリングにはキャニスタータイプ

キャ二スタータイプのスチームファーストがオススメ

フローリングを掃除する目的でスチームクリーナーを選ぶのであれば、断然ハンディタイプよりもキャニスタータイプが向いています。私が愛用しているスチームファーストも、掃除機と同様の形状で使いやすいキャニスタータイプです。

スチームファースト

ハンディタイプは本体こそ軽いものの、掃除中本体ごと持たなければならないので範囲が広いフローリング掃除には不向きです。腰も屈めなければなりませんし、広範囲の掃除には向いていません。

コンパクトサイズなので収納には便利というメリットがありますが、タンク容量が小さいので連続使用時間も10分程度と短く、1回で家中の掃除をすませたい方にはオススメできません。

キャニスタータイプはタンク容量が大きいので、長時間の連続運転ができるという大きなメリットがあります。本体を転がしてホースとノズルで掃除するので腰を痛めることもありません。特にスチームファーストは連続使用可能時間が非常に長いので、全フローリングをお手入れしてもまだ時間が余るぐらいです。恐らく最長使用時間45分を記録しているのは、スチームファーストぐらいでしょう。ほかのスチームクリーナーは長くても30分程度です。

省エネで除菌力も強いボイラー式

フローリングをただ掃除するだけなら掃除機でも済みますが、我が家のようにしっかり除菌したい、目に見えないベタベタ汚れをキレイにしたいと切望している場合、スチームクリーナーは除菌力が強いボイラー式がオススメです。

私がボイラー式のスチームファーストを選んだのも、パネル式よりも高温のスチームが出ること、連続使用可能時間が長いというのがメインの理由です。スチームクリーナーでフローリングを痛めずに除菌するには、100℃以上の高温で瞬間的に殺菌していくのがポイントです。

100℃は確実に出るボイラー式と比較して、パネル式のスチームは85℃前後が限界のようです。フローリングはアルコール消毒できませんから、高温のボイラー式スチームクリーナーが必要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ