ホースが長くて使う場所が広がる

高い場所の汚れもスイスイ掃除

スチームクリーナーを選ぶ時、ホースの長さも重要な要素です。私はスチームクリーナーの除菌と防カビ効果を大いに期待していたので、お風呂場の壁や天井にもスチームファーストで楽々掃除しています。

スチームファーストのホースは最長195cmと十分すぎる長さがあるので、例えばベランダの物干し竿も竿をかけた状態で高温スチームを噴射して除菌することが可能です。

スチームファーストの長いホース

玄関扉を掃除する時も上の方まで楽々届きます。高い場所の汚れもをスイスイ掃除という芸当は、ホースの長いスチームクリーナーでしか不可能です。

モップタイプ、スティックタイプは基本的に床掃除専用のスチームクリーナーなので論外ですが、ハンディタイプだと高い場所の掃除が難しいのでちょっと物足りなく感じるかもしれません。

最近はホースがついているタイプのハンディも登場していますが、ホースとノズルだけ持てばよいキャニスタータイプのスチームクリーナーとは異なり、ハンディタイプは本体ごと持ち上げたまま掃除するため余計疲労します。

1〜2キロ以上の本体を持ち上げたままホースで高いところを掃除するのは、腕を鍛えるにはよいかもしれませんけど、やってみると結構大変です。しかもハンディタイプはモップタイプ同様、水タンク容量が少ないので10分程度しかスチームを噴射することができません。

連続使用時間も45分と長く、床に本体を置いたまま長いホースで高いところも手軽に掃除できるスチームファーストは、本当に使い勝手のよい掃除家電です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ