台所掃除にもスチームファースト

場所に応じて付属品を使い分け

スチームクリーナーは台所掃除でも大活躍します。各メーカーのスチームクリーナーを試したワタシがなぜ最終的にスチームファーストを頼んだかというと、掃除できる部分が多かったという理由も大きいです。

スチームファーストの付属品

スチームファーストは付属品が多いので、換気扇カバー用、シンク用、電子レンジ用と掃除する場所によってブラシ、ノズルを使い分けることが可能です。同じ台所でも排水口掃除とオーブントースターを同じブラシで掃除するのは、かなり抵抗を感じますよね。

スチームファーストは12種類14個もの付属品がついていますから、キッチン周りを掃除する時にも細かく使い分けることができます。

高温スチームでまな板の除菌も可能ですし、広い範囲と狭い範囲をしっかり掃除できるマルチな機能こそ、ハンディタイプやモップタイプではなくキャニスタータイプのスチームクリーナーにしかない芸当です。

キャニスタータイプのスチームクリーナーで掃除できる場所は、まな板の除菌、ガスコンロ、電子レンジ、トースター、換気扇、それに換気扇カバー、壁、シンク、排水口、床などなど。

台所は場所によって必要な洗剤やスポンジが違うので、キッチン周りの掃除道具だけでもかさばりがちです。スチームファーストがあれば、どこもシューッと高温スチームを拭いて除菌しながら掃除可能なので、掃除アイテム、洗剤類もスッキリ整理することができます。これで2万円ほどの価格は超お買い得です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ