トイレはスチームクリーナーの定番の使用場所

便器の内側も徹底クリーニング

スチームクリーナーはトイレ掃除にも大活躍します。トイレは家の中でも一番汚れる場所です。一人になってリラックスできる大切なスペースですから、できる限りキレイな状態を維持したい場所でもあります。

清潔なトイレ

トイレのフタを開けたまま水を流すと、尿便の菌が2メートル近くも飛ぶ!だなんていわれていますが、実験の結果この説は都市伝説ではなく事実だと判明したそうです。もしユニットバスの場合、洗面台の歯ブラシまで菌が飛ぶ恐れもあるので、水を流す前に必ず蓋を閉める習慣をつけましょう。

ワタシは週に一度スチームクリーナーで水回りをお手入れしていますが、トイレも定期的に掃除しています。キレイにする意味とトイレになにより大切な除菌をする意味でやってます。週一でも大掃除の必要がないぐらいキレイに保てます。

トイレのドアノブも見えない菌がたくさん付着している要注意スポットです。掃除しにくい便座とタンクの隙間にも高温スチームを噴きかけて洗浄できます。掃除しにくい便座の返しも尿石やカビで汚れないように高温スチームで掃除しています。

トイレの便器の内側はトイレブラシを使っても細かいところまで磨くのが難しい上、結局返しの奥部分が汚れているとすぐに赤カビ、黒カビが広がって不衛生な状態になってしまいます。

トイレブラシも高温スチームで除菌していますが、ワタシが愛用しているスチームファーストは付属品が多いのでドアノブ用、便器用と掃除する場所によって細かく使い分けられる点が重宝しています。

同じトイレ掃除でもドアノブと便器の内側を同じノズル、ブラシで掃除するのは抵抗を感じますよね。ナイロンブラシも短いのが3個、長いのの2個セットになっているので、1つのブラシを使い回さずに済んで非常に衛生的です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ