床をスチームクリーナーで掃除

床掃除に最適なスチームファースト

フロア掃除に最適なキャニスタータイプのスチームクリーナーも色々試しましたが、スチームファーストが断然優秀です。なぜなら、同じ床掃除でもフローリングと畳、絨毯がありますけど、その使い分けが一番楽にできるからです。

スチームファーストでフロア掃除

スチームファーストは12種類14個もの付属品が標準装備されていて、マイクロファイバーパッドも2枚セットになっていますから、フローリングと畳は使い分けています。絨毯やラグには毛の奥までキレイに洗浄、除菌できる三角ブラシを使用しています。

カーペット、絨毯、ラグ、毛の長い素材の床があるご家庭は、三角ブラシのような毛の奥まで除菌できるブラシ、ノズルがスチームクリーナーとセットになっているかどうかチェックしましょう。

この三角ブラシ、スチームファーストなら専用カバーも標準装備されています。私はカーテンを除菌する時にカバーをつけて使っています。三角ブラシひとつでも、あるとないとでは大ちがいです。

カーテンも結露の影響でカビやすく、定期的な除菌対策が必要です。丸洗いすると型崩れが心配です。それにカーテンを洗うこと自体大変なので、スチームクリーナーでキレイにできるのもお気に入りです。

多くのメーカーではオプション扱い

ほかのスチームクリーナーもたくさん比較してみると、ほとんどのスチームクリーナーは、付属品が少なくスチームファーストの対抗馬にはなりませんでした。ほしいオプションまで購入すると、ため息がでる合計金額になってしまいます。

マイクロファイバーパッドもスチームファーストは最初から2枚セットで、購入するとしても2枚組2,180円と非常にリーズナブルな価格設定です。

例えば最も一般家庭向けとされるコンパクトサイズのケルヒャー3.000の場合、窓用ノズルを4,000円以上出して別途購入しなければなりません。付いているのもフロア用のマイクロファイバーパッドは1枚だけ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ