ハンディタイプは壁掃除に不向き

ハンディタイプは重たい

スチームクリーナーを壁を掃除するのに使いたいと予定している方は、なんとなくハンディタイプの方が便利だと思っていませんか?

ハンディタイプ

ワタシも実際に知人宅でハンディタイプのスチームクリーナーを試すまでは、キャニスタータイプよりハンディタイプの方が女性向き、主婦向きだと思い込んでいました。

けれど、いざハンディタイプのスチームクリーナーで壁を掃除させてもらったところ、ハンディタイプのスチームクリーナーは、腕の力がない女性には非常に不向きです。

一見軽量そうに見えるハンディタイプのスチームクリーナーは、水を満タンにすると1~2kgもの重さになります。この状態で本体ごと持ち上げて掃除しますから、すぐに腕が疲れてしまいます。しかも、満タンにしてもタンク容量に限りがあるため、10分程度しか連続で稼働させることができず、ちょくちょく水を継ぎ足さなければなりません。

最低でも30分は連続使用可能なキャニスタータイプの方が断然楽です。そもそもハンディタイプのスチームクリーナーは床掃除には使えませんし、壁の高いところや天井の掃除にも使いにくいと感じました。

ハンディタイプのスチームクリーナーを持っている主婦友達、何人かいますが口を揃えて「使える場所が限られている」といっています。狭い範囲に使うのに適しているタイプのスチームクリーナーですから、掃除範囲が広い壁紙掃除には間違いなく向いていません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ